第34話

いつもと違う。。。
1,714
2018/11/27 13:11
翌朝。
あなた

んっ……。

赤司征十郎
赤司征十郎
あなた
あなた

ンー?
…!?
せ、征!?

朝目が覚めると目の前に征がいた
赤司征十郎
赤司征十郎
おはよう
あなた

お、おはよ…/////

やばい顔近すぎる
直視出来ない
赤司征十郎
赤司征十郎
もうすぐ朝食の時間だから着替えておいで
あなた

う、うん

私は急いで起き上がり着替えた
あなた

おまたせ

赤司征十郎
赤司征十郎
それじゃあ行こうか
征が手を差し伸べてきて私は征の手を握りしめた
いつもよりちょっとだけ強く。
………………………………………………………………
相田リコ
相田リコ
よし!それじゃあみんな食べ終わったわね?
お昼前にはここを出る予定だからそれまで各自身支度整えておいてね
私は部屋に戻って身支度を整えた
あなた

よし。これでいいかな

相田リコ
相田リコ
あなた終わった?
あなた

うん

相田リコ
相田リコ
忘れ物には気をつけて
あなた

わかってる

ピーンポーン
相田リコ
相田リコ
あら?誰かしら
悪いけどあなた出てくれる?
あなた

OK〜

こんな時間に誰だろ
もうすぐ出発の時間だって言うのに
ドアを開けるとそこには
あなた

征?

そう。征がいた
赤司征十郎
赤司征十郎
身支度終わったかい?
あなた

お、終わったけど…どうしたの?

赤司征十郎
赤司征十郎
少し歩かないかい?
あなた

え、あ、うん

あなた

リコー!
ちょっと私散歩してくる〜!

相田リコ
相田リコ
りょうかーい!
私は征と外に行きゆっくりと歩いた
あなた

終わっちゃったね

赤司征十郎
赤司征十郎
そうだね。
もしかして少しでも長く会うために来てくれたのかな?
赤司征十郎
赤司征十郎
あなた
あなた

ん?

私は征の顔を見た
赤司征十郎
赤司征十郎
……ッ。
あなた

なに(クスッ)
どうしたの(クスッ)

すると急に征に腕を掴まれて、抱きしめられた
あなた

せ、征?

赤司征十郎
赤司征十郎
……いいか?
あなた

ん?なにが?

赤司征十郎
赤司征十郎
これをだ
聞き返そうとする前に私は征に唇を奪われた
しかも、いつもとは少し違う濃厚で甘い少し大人っぽいキスだった
あなた

…ンッ

ようやく唇が離れた
まるで手慣れているかのような感じだった
あなた

…/////

こんなことされたら余計離れたくないよ
赤司征十郎
赤司征十郎
あなたは俺の1番の彼女だ
愛しているよ
あなた

わ、私も…/////
……てる/////

赤司征十郎
赤司征十郎
聞こえないよ
あなた

私も征の事好きだし!!
征が思ってる以上に大好きだし、あ、あ、愛してる!!/////

赤司征十郎
赤司征十郎
可愛いよ
征に撫でられた…/////
赤司征十郎
赤司征十郎
そろそろ時間だから行こうか
あなた

うん。

私達は手を絡めてゆっくり皆の元へ向かった

プリ小説オーディオドラマ