第37話

私の誕生日 Part1
1,623
2018/12/11 16:03
今日12月12日は私の誕生日です
あなた

ヤバい
なんか緊張してきた

久しぶりに征に会うし、どうしたらいいか分からなくなってしまった
風吹葵
風吹葵
あなた
何やってるの?早く髪の毛セットするからきて
あなた

ま、待ってよ!!

葵がウチに来て私の髪の毛をセットしてくれる

でも私はまだ来ていく服が決まらなくてずっと悩んでる
あなた

ねぇ、葵
こっちとこっちどっちがいいと思う?

風吹葵
風吹葵
ん〜征十郎好みだとこっちだよね
葵は白のモコモコの服に赤いロングスカートを選んだ
あなた

だよね
よし!じゃあこっち着る!

風吹葵
風吹葵
アイロンも温まってきたから早くね
あなた

は〜い

………………………………………………………………
風吹葵
風吹葵
よし!
我ながら完璧かも
あなた

ありがとう葵!

葵に髪の毛を巻いてもらって、巻いた髪の毛を高く結んでお団子にしてくれた
風吹葵
風吹葵
大丈夫
可愛いよ
あなた

う、うん///

葵に言われてなんかちょっと照れくさかった
あなた

それじゃあ行ってくる!

風吹葵
風吹葵
行ってらっしゃい!
私は少しヒールのあるブーツを履いて待ち合わせ場所である誠凛高校へ向かった
なんで誠凛なんだろって思ったけどね(苦笑)
駅でいいじゃんって思った(苦笑)
校門の近くへ行くとそこにはもう征が待っていた
私は小走りで征の元へ行った
あなた

征!

赤司征十郎
赤司征十郎
あなた
あなた

待った?

赤司征十郎
赤司征十郎
いや、今来たところだよ
改めて見るとやっぱり征の私服カッコイイ/////
赤司征十郎
赤司征十郎
誕生日おめでとう
あなた

ありがとう!

赤司征十郎
赤司征十郎
その髪葵にやってもらったのかい?
あなた

そうだよ!
どう?似合ってる?

赤司征十郎
赤司征十郎
とても似合ってるよ
ほんとに綺麗だよ
き、綺麗だなんて…照れるよ/////
赤司征十郎
赤司征十郎
そうだ、これ父さんがあなたにって
私は征から長細い箱を受け取った
あなた

これは?

赤司征十郎
赤司征十郎
開けてごらん
箱を開けると、そこには雪の結晶のネックレスが入っていた
あなた

キレイ。。

赤司征十郎
赤司征十郎
これは母さんの形見なんだ
あなた

え?おばさんの?
私が貰っちゃっていいの?

赤司征十郎
赤司征十郎
あぁ
父さんがどうしてもあなたにあげたいって言ってたんだ
あなた

どうして?

赤司征十郎
赤司征十郎
それは、父さんに直接聞くといいよ
征はスマホを取り出して電話をかけた
赤司征十郎
赤司征十郎
もしもし父さん俺です
あなたに渡しました
征にスマホを渡された
赤司征十郎
赤司征十郎
父さんと話してごらん
あなた

もしもし?

赤司征臣
あなたくん久しぶりだね
あなた

はい
ご無沙汰しています

征のお父さんと話すのはウインターカップ以来だった気がする
赤司征臣
征十郎から受け取ってくれたかい?
あなた

はい
受け取りました
でもどうして私に?

赤司征臣
どうしてもあなたくんに受け取って欲しくてね
キミには本当に感謝してるんだ
あなた

いえ、私はそんなたいしたことしてませんよ

赤司征臣
私達親子をまた引き合わせてくれた
おかげで征十郎と仲良く暮らせているんだ
だから、キミにそのネックレスを受け取って欲しい
受け取ってくれるかね?
あなた

はい
もちろんです
ありがとうございます

赤司征臣
よかったよ
きっと詩織も喜んでいるよ
あなたくん誕生日おめでとう
あなた

ありがとうございます

赤司征臣
それじゃあ征十郎をよろしく頼むよ
あなた

分かりました

電話を切り征にスマホを返した
赤司征十郎
赤司征十郎
ネックレス付けるよ
あなた

ありがとう

征は私の後ろに回ってネックレスを付けてくれた
赤司征十郎
赤司征十郎
それじゃあ行こうか
あなた

うん!

私は征の手を握り歩き出した

プリ小説オーディオドラマ