第6話

🌙
110
2019/11/10 12:35
TAEHYONG
TAEHYONG
  もう終わりにしよう  
YOU
YOU
  、え、 ?  
YOU
YOU
  ど、どうして、、  
TAEHYONG
TAEHYONG
  、もうお前を、  
TAEHYONG
TAEHYONG
  “  愛していないんだ  ”  
YOU
YOU
  、ッ  泣  
YOU
YOU
  、テヒョンの嘘つき  ッ  
TAEHYONG
TAEHYONG
  、ッ  







私はテヒョンを置いて家を出た
















泣いてる顔を見られたくなくて










YOU
YOU
  ハァ、  








“ もう愛していない ”









その言葉が何よりも悲しくて、辛くて























YOU
YOU
  勢いで出てきたけど、、  
YOU
YOU
  私、どうすればいいんだろ、ッ  






そんな中 頭に浮かんだのは










グクだった










YOU
YOU
  グク、助けてッ 、  
JUNGKOOK
JUNGKOOK
  え? ちょ!  あなた?  
JUNGKOOK
JUNGKOOK
  何かあったのか?  
YOU
YOU
  、今から会えない、かな  
JUNGKOOK
JUNGKOOK
  今何処に居んの?  
YOU
YOU
  、、いつもの公園で待ってる  
JUNGKOOK
JUNGKOOK
  分かった  







公園のブランコに座ってグクを待ち続けた












すると息を荒くしながらこっちに向かってくる










グクの姿があった










JUNGKOOK
JUNGKOOK
  ハァ、ハァッ、  ッ  
JUNGKOOK
JUNGKOOK
  あなた 、  






そしてそっと抱き締めた











NEXT

プリ小説オーディオドラマ