無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

23
2021/11/23

第3話

合唱コンクールと遥の克服
※注釈  ()内のセリフ:ナレーター口調だと良い
     []内の言葉:ト書き的なもの         です。
遥
…どうして、そう思ったの?
千里
千里
俺さ。“ハルカ”さんの大ファンだからさ、分かるよ。
…といっても、普段と違って何か自信無い感じだったから、西野さんが歌ったのが『Star Light』でマイクで増幅された声じゃないと分かんなかったかもだけど。
千里
千里
で、どうなの?
遥
…………。
遥
…うん。そうだよ。
私が“ハルカ”なの。
千里
千里
やっぱり!?いやー、良かった。これで間違ってたら俺ファン失格だし。
千里
千里
それにしても、すごいね!中学生で歌い手やってるとか!
遥
え、そう、かな…。
千里
千里
うん!
…でも、どうして秘密にしてたの?
千里
千里
俺、自分で言うのも何だけど、結構友達多いんだよね。
でも全然そんな話聞かなかったからさ、隠してるんでしょ、その事。
遥
うん…。だって、もし歌い手だって知られて、こう、すごい存在だって思われて、距離置かれたり、すごく期待されたら、嫌だから。
千里
千里
あぁ~…。ちょっと分かるかも。
遥
でしょ?だから、この事は誰にも言わないでね…?
千里
千里
もちろん、言わないよ。
千里
千里
…でも、本当はもっと思いっ切り歌いたいんじゃないの?
遥
えっ!?どうしてそれを…?
千里
千里
だって、“ハルカ”さんって、すごく楽しそうに歌うんだもん。
歌、好きなんでしょ?
遥
うんっ!大好き!
千里
千里
…ならさ、やっぱり皆に打ち明けた方が楽なんじゃない?
遥
うぅ…。でも…。まずきっかけだって無いし…。
千里
千里
……合唱コンクール。
遥
えっ?
千里
千里
ちょうど今くらいからさ、合唱コンクールの練習始まるじゃん。
今回の課題曲、確かソロパートあったよね?
遥
え…多分あった、と思うけど…。
千里
千里
それ、チャレンジしてみたら?
遥
えぇ!?いきなりハードル高過ぎない!?
千里
千里
だからだよ。
遥
…どういう事?
千里
千里
練習に苦労している所を見せれば、歌い手だからってどんな歌でもすぐ上手く歌えるようになるわけじゃないって分かるじゃん。
遥
そういうもの、なのかな…?
本田 優
本田 優
あれっ、遥と千里、何話してるの?珍しい組み合わせだねぇ。
千里
千里
いや、大した事じゃないよ。どのジュースが好き?って話してた。
本田 優
本田 優
えー、千里はどれが好きなの?
千里
千里
俺はやっぱオレンジジュースかな。
本田 優
本田 優
意外!もっと大人っぽいのだと思ってた!
本田 優
本田 優
ちなみにねぇ、私はメロンソーダ推し!
千里
千里
あー分かるかも!
遥
あ、私、先に部屋戻ってるね…。
本田 優
本田 優
うん!
……あっ、遥の好きなジュース聞きそびれた!後で聞こうっと。
遥
はぁ…。どうしよう…。
遥
合唱コンクール、か…。