無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

1話〜
(なまえ)
あなた
教室着いた〜
カリム
カリム
1限目なんだっけな?
ジャミル
ジャミル
確か……飛行術だ
(なまえ)
あなた
うっわ最悪
カリム
カリム
1限目からか……
あ、クラスとか関係なく見てね☆By作者
(なまえ)
あなた
う〜ん……飛行術,ちょっと苦手なんだよな〜
カリム
カリム
そうか?十分上手いぜ!!
ジャミル
ジャミル
ああ悪くはないな「悪く」は
(なまえ)
あなた
主張すんなよ
ジャミル
ジャミル
別に主張してるつもりはないが
カリム
カリム
なっははっ!仲良いな!
(なまえ)
あなた
まぁ、幼馴染みだしね
ジャミル
ジャミル
まぁな
バルガス先生
おい!そこ!喋るな!←絶対口調こんなんじゃない
(なまえ)
あなた
うげすんません
カリム
カリム
悪い悪い!
ジャミル
ジャミル
すみません
無事に1限目終わりンゴ
そして飛ばして放課後←
(なまえ)
あなた
うぁぁぁ疲れたァァァァ
カリム
カリム
今日は疲れたな〜
ジャミル
ジャミル
お前達は今日部活あるのか?
(なまえ)
あなた
ないよー!
カリム
カリム
今日はないぜ!
ジャミル
ジャミル
今日はゆっくり過ごせそうだな
カリム
カリム
よし!今日は宴にしよう!!
ジャミル
ジャミル
なっ!準備するのはこっちだ((
(なまえ)
あなた
いいね!やろやろ!!
ジャミル
ジャミル
っっ……はぁ……もう勝手にしろ……
(なまえ)
あなた
やった〜!!俺が料理を手伝うから!
カリム
カリム
俺も!!
ジャミル
ジャミル
あなたはいいが、カリムがいてもほとんど意味ないだろ
カリム
カリム
うっ
(なまえ)
あなた
‪w‪w‪w‪w‪w
こんな毎日ですが……私実は……