無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

鈍いと鋭いは漢字が似てる
2学期が始まると
すぐ文化祭準備が始まった

先生
先生
お前ら早く決めろよ
先生は机にヒジをついている
クラスメイト2
クラスメイト2
はーい、
じゃバトラー執事&メイド喫茶に決定!
クラスメイト
クラスメイト
当日は、
バトラー&メイド役
裏方・調理役

本番までは、
衣装と設営・装飾と
調達に振り分けます
クラスメイト3
クラスメイト3
はい!黒須くんは執事希望です!
女子が手を挙げて立ち上がった
黒須 洸
黒須 洸
クラスメイト2
クラスメイト2
いいね〜賛成!賛成!
クラスが賛同の声で騒がしくなった
黒須 洸
黒須 洸
俺は……
クラスメイト3
クラスメイト3
半端なくモウかると思います!
倉持 ケイ
倉持 ケイ
あれ?
黒須は裏方がいいんだよな!

倉持くんは周りの意見と違うことを言っても
その場の空気を悪くしないから不思議だ

黒須 洸
黒須 洸
あぁ……
クラスメイト2
クラスメイト2
えー、王子が裏方とか
絶対ないって!
クラスメイト3
クラスメイト3
なんでダメなの!
黒須くんにクラスメイトの視線が集中する
黒須 洸
黒須 洸
え……
倉持 ケイ
倉持 ケイ
あー、
事務所NGだって
教室がどよめいた
クラスメイト2
クラスメイト2
え!?
クラスメイト3
クラスメイト3
えー!?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
こいつ、モデルなんだ
黒須 洸
黒須 洸
ちょ、それは……
クラスメイト2
クラスメイト2
初耳!!
クラスメイト3
クラスメイト3
でもでも、全然信じれる!!
倉持 ケイ
倉持 ケイ
まあ、そう言うことだから
クラスメイト2
クラスメイト2
じゃ、
しょうがないね〜
先生
先生
はいはい、お前ら
これでいいんだな
先生の声でみんな一斉に前を向いた


***
時任 沙和
時任 沙和
ケイ、今日だけは
あんたを褒めてあげるわ
倉持 ケイ
倉持 ケイ
今日だけかよ!
黒須 洸
黒須 洸
また、面倒な嘘つきやがって
倉持 ケイ
倉持 ケイ
まあまあ、助かっただろ?
黒須 洸
黒須 洸
まあ
私
でも、私も……
見たかったな……
黒須 洸
黒須 洸
私も……?
私
あ、いや……
なんでもない!
黒須 洸
黒須 洸
そう……
文化祭ばっかりは
わがままは言えない

当日学校には沢山の人が来る
それぐらい、私だってわかる

だから、
倉持くんだって
いつもと違って
裏方に回したのかな……
時任 沙和
時任 沙和
あー、もう!
あなたたち見てると
じれったい!!
時任 沙和
時任 沙和
コウ!
男ならしっかりしなさいよね
沙和ちゃんはそう言うと
トコトコと自分の鞄をさっと持って
教室を出て行った
倉持 ケイ
倉持 ケイ
あーあー
大変だねぇ
鈍感ドンカンなやつは
倉持くんは
黒須くんをツンツンとつついた
黒須 洸
黒須 洸
は……?