プリ小説

第11話

なつかしい
亜嵐くんから、話を聞いたんだ






インタビューが終わってから、隼くんに呼び出された










( )
なんの話ですか…?
あなたちゃんの、昔のこと
( )
…っ





え…?






なに、これ














( )
な、なにするんですかっ!
ごめん、確かめたくて








ほんの少しだけど、





確かにいま、隼くんは…


















キスを、してきた











あれ…なんか、なつかしい気がする…








…急だけど、僕と、付き合ってくれない?
( )
っえ?
お願いします…っ










さっきのキスを思い出したら、





とっさに





( )
…はい







こう答えてた…






















亜嵐
う、うそ…










また誰かに見られてるなんて気づかずに…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る