プリ小説

第8話

複雑な気持ち
やっぱり、あの人だ。









亜嵐
隼、ちょっと、相談
珍しいですね、なんですか?








俺は隼を呼び出した。









亜嵐
…俺、前に、昔付き合ってた彼女の話ししたよね
はい、聞きました
亜嵐
…その人、あなただ。多分






隼は、しばらく黙ってたけど、










好きなんですか?
亜嵐
…わからない






ほんとに、今の自分の気持ちが分からなかった。













複雑な気持ちだった。









方向音痴なのも、人の話を聞けないのも、

そして、カメラマンのことも、全部












昔のあなただ…








































( )
亜嵐、くん
亜嵐
だから、亜嵐、でいいよ




あれ…?
( )
あ…ごめんね
亜嵐
俺も、ごめん




この会話…









あと、なんで謝ってんだ?

















( )
…私のこと、知ってるの?













一瞬だけど、記憶が蘇ってきた気がした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る