無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

学校~登校編~
ピピピピッ

(猫松)んん……

ぐしゅっ

(猫松)ぁ……兄ちゃん、兄ちゃん

亜麻松はいつも隣で寝てくれている。
(亜麻松)ん…あ、おはよ もう変える?
(猫松)うん…変える〜


(母親)いってらっしゃい。

(兄弟達)いってきまーす



(猫松)ん……ふぁっ…
(亜麻松)猫松?どうした?
(猫松)とい、れ…行きた、い
(亜麻松)いいよ、ここでしちゃいな?

登校時は周りにトイレがないためおむつを
付けている。学校へ着いたら下着へ履き替えるようにしている。

(猫松)い、いの?
(亜麻松)いいよ、スッキリしちゃいな
(猫松)ん、ふっ……

じゅもっ

じゅぁぁぁぁぁ……

(猫松)んんっ……



(亜麻松)出た?
(猫松)うん…
(亜麻松)じゃ、行こうか


亜麻松は俺の手を引き道を歩く。
この時間がたまらなく好きだ。
ここには俺たちのことを理解している弟ぐらいしか居ないから。


学校では弟とはクラスが違うけど
亜麻松は俺の世話をしてくれるためわざわざ
クラスを同じにしてくれたらしい。


クラスでは至って普通の兄弟でいなきゃいけないが特に苦ではない。
席だって隣だから。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

猫松兄さん❄
猫松兄さん❄
オリキャラくんのBL作品出していきます リクエストあればください 最新更新日 2019/03/18 ・○○歳だってしたくなる⭐️お気に入り10突破 ・もぉでちゃう!!⭐お気に入り10突破
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る