無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第9話

楽しい夜
増田貴久
じゃあベットに座ってて
私
はい…
数分後
増田貴久
お待たせ。
私
は、はい…
増田貴久
じゃあちょっと…
私
ん?
増田貴久
俺の事まっすーって呼んで
私
分かった。
増田貴久
フフ。
まっすーが私に近づいてくる…
私をベットに押し倒す
増田貴久
好きだよ。
私
え?
深いキス……………………
まっすーが私の体を触ってくる…




その触り方もプロ級にすごい…
私
んっ…まっすー!!
増田貴久
なんだよ。抵抗するな!
私の手を握る。
増田貴久
もう抵抗出来ないね。
私
え?
ここからはご想像にお任せします。
増田貴久
今日はありがとう。
LINE交換してもらってもいい?
私
いいですよ
私はまっすーとLINE交換した
私
今日ありがとうございました。
私が部屋を出ようとすると
増田貴久
ちょっと待って!
私
え?
深いキス
増田貴久
また来てね。
私
は、はい…
増田貴久
じゃあね。(手を振る
千葉くんの家
私
ただいま…
千葉雄大
あなた!なんでこんなに遅かったの?
私
仕事…
千葉雄大
寂しかったよ…
私
そっか…ごめんね。
おいで!
千葉雄大
うん。
寂しかったーー!
ハグ
私
ごめんね。
千葉雄大
大丈夫。あなたがちゃんと帰ってきてくれたからよかった!
私
そっかそっか…
千葉雄大
じゃあ遅くなった代わりに…
私
なに?
千葉雄大
お風呂一緒に入ろうよ!
私
え?恥ずかしいよ…
千葉雄大
いいじゃん!たまには!!
私
しょうがないなー…いいよ!
千葉雄大
俺ん家1つの所に2個あるからどっちかに入って
私
わ、わかった…
お風呂
私
白の入浴剤とバラの風呂…ロマンチックだなー
髪と体を洗った後
千葉雄大
ねね!一緒に入ってもいい?
私
え?
千葉雄大
じゃあ行くね!
私
いや…ちょっと待ってよ!
ガラガラガラ…(ドアをあける音
私
キャーっ
千葉雄大
どうした?
ザッバーン…
千葉雄大
心の中)うわっ…あなたの体やっぱり綺麗だな…
私
心の中)なんか千葉くんとめっちゃ目が合うんだけど…
千葉雄大
ねえねえ…
私
どうしたの?
千葉くんの手が腰に回る
千葉雄大
綺麗だな。あなたの…
私
何言ってるの…恥ずかしいからやめてよー
チュッ
千葉雄大
(*´罒`*)ニヒヒ♡
私
(・ω<)ウフ♡
千葉雄大
可愛いね。
私
いきなり何よ…
千葉雄大
だって可愛いんだもん!
私
ありがと!
私
じゃあ先私あがるね!
千葉雄大
分かった。
着替えてる途中
ギュッ(バックハグ
私
どうしたの?
千葉雄大
大好きになったらから♡♡
私
そうなの?ありがとう!
千葉雄大
うん!
私
部屋戻るねー
私はベッドに寝た。
千葉雄大
ねね。あなた寝てるの?
私
うんー………
千葉雄大
つまんないなー…じゃあ寝てるあなたとあそぼー
あなたの、ほっぺたをムニムニ触る
千葉雄大
可愛いな…♡♡
私
やめてよー
千葉雄大
やめない。お前が構ってくれるまで
私
今日は疲れてるからさ、寝かせて
千葉雄大
ダーメ!!遊ぶの!
私
もう…何すればいい?
千葉雄大
俺の言うことを聞く
私
え?千葉くんの奴隷ってこと?
千葉雄大
そうだよ。
私
やだよー…
千葉雄大
拒否権ないから。
私
しょうがないなー
千葉雄大
俺にキスして
チュッ
私
したよ。
千葉雄大
次は俺の手を握って
私
はい。
ドサッ(ベットに押し倒す音
千葉雄大
俺の事好きだよ。って言って
私
好きだよ。
千葉雄大
お利口さんでした。
私
もう寝かしてー
千葉雄大
いいよ。
翌朝
またまたこの朝が…









つづく

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

명 ___ʚ❤ɞ
명 ___ʚ❤ɞ
BTSLOVE😊💞💐 お気に入りといいねをよろしくお願いします!見ての通りシュガ推しです🐹💕 よろぴくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る