無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

赤×青
重岡side


つい2週間くらい前からだ。

何故かSバレした俺は、








流星のご主人様になった。
しげ
流星、舐めて、

そういうんじゃない。


けど、違くも無い。



今、わざとらしく手にこぼした蜂蜜。

媚薬効果もあるらしいし、と思って、舐めさせる。
流星
はい、
従順に返事、丁寧に舐め上げる。
手は使うな、なんて言ってないのに、

手を後ろで組んで、エロい目付きで舐める。
ペロ、ッ、チュッ、
流星
ッ///
前歯の裏の歯茎を触れれば、軽い声を漏らす。


そんなエロいなんて思わへんかった。

ただ、どうなるかな?って思っただけ。
しげ
流星、奴隷、て、何すんの?
単純に聞く。

これまで、雑用しかさせてない。

というより、こういうことしても
予想の斜め上を行かれるだけで、
こっちから襲おうと思わへん。


やって、エロすぎて死にそうやん?
流星
しげ、の、して欲しいこと、したい。
しげ
こーゆうことは?
流星
俺、に、聞かないで///
何故か顔を赤くする。

そこまでのこと聞いたか?
しげ
俺がシたかったら、していいん?
流星
命令、であれば、
どっちかと言うと、シたい。

奴隷になられてから、
なんか意識してしまう、から、

流星のこと、好きになったかもわからへん。
しげ
じゃ、命令。
流星
はい、ご主人様、
しげ
俺を、リードして、
流星
分かった、

チュッ



そう言うと、流星はキスをしてきた。



上手いとは言えないけど、
頑張って、角度なんか変えて。
流星
ッ///

下手すぎるから、こっちから食いついてやる。

舌も混ぜ込んで、掻き回して。
流星
ッ、フッ///ンッ///
蜂蜜、口移しなんてしてみたり。
流星
ンンッ♡///
甘い声、
しげ
流星、もしかしてイった?
流星
ごめ、しげ、ッ///
しげ
いや、淫乱やなぁ、思って。
流星
ッ♡///
淫乱、て言った瞬間、

口角を上げて震えた。

これ、感じてんの?
しげ
流星、えっちやなぁ。
流星
ンッ♡///やめて、ください、
しげ
リード、してやぁ?
流星
分か、りました、
一連の流星の顔を見てて、

興奮して、ちゃんと勃ってきてる。
俺のズボンとパンツを躊躇いながら下ろす流星。
流星
しげ、これ、///
しげ
流星の顔、エロかったで?
流星
ありがと、///
またもや躊躇いながら、俺のを口にする。
クチュ、ペロッ、ヌプッ、
後頭部を持ち、更に咥えさせる。
流星
ッ///
嫌かな、?思うて辞める。

喉に、入っていってたから。
流星
なんで、やめんの、?
涙目でしゃぶっていたのに、

今度はその目で見つめてくる。
しげ
痛いかな?思うて。
流星
痛いと、感じるからぁ、して、?
しげ
Σ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡ズキュン

え、今のなんやねん、

胸の辺りが、グッって掴まれた感覚。
仰せの通り、また掴んで口に押し込む。
苦しそうやけど、なんか笑ってる。
しげ
押し込まれて感じるとか、
本物の淫乱やねんなぁ、♡
流星
クフッ///
喉に入れてるから、苦しそうに変な声を出す。
その声に反応して、俺のは大きくなる。
しげ
やば、俺、流星が苦しんでんの
むっちゃクセになる、♡
流星
ふへひいれふ、嬉しいです、
流星
ほっとふふひへへふははい、♡もっと苦しめて下さい、♡

咥えながら言うもんやから、
聞き取りにくかったけど、

耳のいい俺にはしっかり聞こえた。


「苦しめて下さい」、って。
ビュルッ
苦しめて下さい、て言った時の、

流星の笑顔に。

完全に落ちた。
流星
、!
流星
ゴクンッ
しげ
え、飲まんでええのに、
流星
しげで、満たされたぁ、♡
しげ
Σ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡ズキュン
なに、今の。

そんな、笑顔で。
しげ
流星、もっとせぇへん?
流星
もちろんです、♡

リードして、なんて言うたから、

服を脱ぎ始める流星。

全裸になると、完全に勃ってて、
ベッドに招かれる。
流星
ご主人様ぁ、挿れてください、♡
足を大きく開かれる。

完全に顔は赤く、笑顔で言われて、

かなり、たじろいだ。
前に行き、入口にあてがわせる。
流星
ッ///
腰を掴み、差し込む。
グッ
流星
や゛ぁ、♡///
しげ
!?
締め付けが強いし、
汗に、先走りに、なんかで軽く濡れてるし、

何より、声が圧倒的に甘い。
流星
リード、ッ///、しなきゃ、♡
なんて言って、甘い声を漏らしながら、

俺の上に乗る。

繋がったまま、跨がれる。
ヌプッ、ズプッ、
流星
ッ♡///、ヤアッ♡///
自分で腰を下ろし、奥まで突いている。



ズプッ、ヌッ、ズボッ、
流星
ッ♡///アッ♡///ヤ゙ア゙ッ、!///
しげ
ッ///流星、きもちい、
流星
良かったぁ、ッ///です、♡、アッ♡///
冷静に挿れて出してを繰り返される。
ヌプッ、ズプッ、
流星
ヤッ♡///、アッ///、フッ♡///
でも。
しげ
流星、
いいとこ、全然当たってないなぁ。
そう。

最初辺り、1回突いて、

死にそうなイイ顔してたけど、

自分一人では突かないんやな、て。
流星
当てて、るッ///って、アッ♡///
嘘やな、




俺優しいから、下から突いたるわ。



バチュ、 ゴリュ、 ゴリュ、
流星
ヤ゙ア゙ッ♡、!///らめ、///ア゙ッ♡///
しげ
淫乱のくせに、ッ、
快感から逃げててんなぁッ、?
流星
しげッ、♡や゙あ゙っ、♡///
しげ
ご主人様、ッやんなぁ、?
流星
ご、ア゙ッ♡//しゅじん、ア゙ッ♡さまぁ、
流星
や゙ぁ、♡めてぇ、♡?
仰せの通りに止める。

すると、
物欲しそうな顔で、泣きそうに見つめられる。
流星
なぁ、で、止めたん、?ッ♡///
しげ
止めて欲しかったんやろ?

ニヤニヤしながら言う。
流星
嫌、まだ、突いて、欲しかったぁ、♡
しげ
う、///
Σ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡ズキュン
しげ
しゃあないなぁ、♡
バチュ、ゴリュ、バチュ、パチュン、
流星
ヤ゙アッ♡///ア゙ッ♡///ヤ゙ア゙アッ♡///
流星
しげ、ッ///イっちゃ、ヤ゙ア゙ッ♡///
しげ
ご主人様、ッやって言っとうやん、ッ
流星
ごしゅ、ア゙ッ♡///ヤ゙ア゙アッ♡///
流星
ハァー、ハァー、じん、さまぁ、♡
ゴリュ、ゴリュ、バチュ、
流星
ふぇっ、!?や゙ぁ、♡
流星
またぁ、?
しげ
俺に、奉仕すんのとちゃうん?
流星
そう、でした、ヤ゙ア゙ッ♡///
イったばっかで敏感やし、
いいとこだけ狙って突く。
流星
ご、ア゙ッ♡///しゅじん、さまぁ、♡
流星
イって、ヤ゙ア゙アッ♡下さいッ///
しげ
!?
その顔は、ずるい、
しげ
ンッ///
流星
アアッ♡///ッ、///
ズプッ
流星
ハァッ、ハァッ、
しげ
ッ、ハーッ
流星
しげ、ッ、どうやった、?
しげ
気持ちよかったで?
流星
良かったぁ、♡
しげ
流星、
流星
なに、?
しげ
好きやわ、
流星
!??!!?!?

流星は、奴隷になれる手頃なドSが必要なだけ。

俺やなくても問題ない。


からこそ、俺を選んで欲しい、


なんて。あかんのかな?
しげ
このまま、どっか行かないで?
しげ
他の人の奴隷なんか、ならんで、
流星
分かってない、
しげ
ふぇっ、?
流星
俺は、しげが好き。
しげ
!??!!?!?
流星
しげの、Sなとこも、他も全部。
しげ
じゃあ、俺ら、契約辞める、?
流星
奴隷契約続けたまま、
付き合ってください、?
しげ
Mやん、
流星
どうします?ご主人様、♡
しげ
もちろん、付き合わせて頂きます、
流星
よっしゃあ♡


奴隷契約を続けたまま、

俺らは正式に、カップルになりました♡




















end