無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

青い恋人
そう 告げられるとは 分かっていた 。

でも 、いざ 告げられると 辛いんだ 。
繋いでいた はず の 手 と 手 が

音 も 立てずに 解けていく 。
その時 キミ は 、

悲しそうな 顔 を してたね 。
なのに 俺 は 、

「 ごめんね 」の 一言 さえ

出てこなかった 。
今 思えば 、

「 なんで 伝えられなかったのか 」と

感じるけれど 、

あの時 の 俺 には キミ に

素直 な 気持ち を 伝えるのは

無理 に 近かったんだ 。
❤︎.
キミ に 告白 したとき

「 君を幸せにする 」なんて

茶化 して 言ったんだ 。
だけど 、今度 は

俺 から 伝えに行くよ 。

「 愛してる 」と 、、、。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡