無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🥀💙
最近 は 、

キミ との “ キョリ ” が 掴めなくなった 。
夕焼け に 2人 の 影 が 映る 。
いつからだろう 、

こんな に 2人 が すれ違い始めたのは 。
これが 世に言う “ 倦怠期 ” と いう

やつなのだろうか 。





一度 だけ 鳴って 切れた 着信音 。

きっと あなた から だろう 。
俺 は 慌てて バス に 飛び乗った 。

仕事帰り って ことも あったけどね 。
そんな バス の 中 で

あの 夏の夜 の こと を 思い出した 。


キミ が 俺 の こと を『 スキ 』って

わかった 一昨年 の 夏 。

その後 の 夏祭り 、

キミ を 誘って 2人 で 行ったんだ 。


その後 俺 は


『 あなた の こと 、スキ なんだ 。

だから 、オレ と 付き合って ほしい 。』と 。
その返事 は 。


































「 あたし も 健人くん の こと スキ /// 」
そう言って 初めて キス を 交わした

高架線 の 下 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

中 島 ぎ ん 🔞
中 島 ぎ ん 🔞
けんとくんけんとくん❕💖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る