無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

続 : 7
気づいていたんだよ 。

俺以上 、キミ は 俺 の こと を

いつもいつも 愛してくれた 。
だから 気づかなかったんだ 。
キミ の 事情 で 、

俺 に 別れ を 告げたこと 。
❤︎.
何週間か 後 に 、キミ と 再開した 。
それは 、ある バス停 で 。
キミ は キャリーバッグ を 持っていたね 。
そんな キミ は 俺 の 存在 に なんか

気づかず に 、バス停 で

バス を 待ち続けていた 。
「 あなた っっっ !!」
『 健人 、く 、ン 、、、』
『 ごめん 、今まで 何 も 言わないで 。』

『 あたし 、転勤 するんだ 、だから 、もう 、

これ以上 、迷惑 、かけたく ない 、kr ... 』
「 そんな 、転勤 ごとき で

別れるとか 言ってんじゃ ねえよ !!」
俺 は 、その時 は もう どうしよう も なくて

怒り と 悲しみ と そして 愛しさ の

様々 な 感情 が 入り混じっていて 、、、。


挙句 の 果て には 、

キミ を 泣かせて しまったんだ 。
「 俺たち の 愛 は 、、そんなもん じゃ

ないだろ ?? 転勤 とか 、俺ら 遠距離 でも

俺 が もっと 仕事 頑張れば いいだけだから 。

オマエ には もう 無理なんて させない から

別れるとか 、そーゆーこと いうのは 、

もうなし !!!わかった ??」
キミ の 目 から 、

止めどなく 溢れる 涙 。
キミ の 代わり に なんて

誰 も できないんだ 。

キミ と 俺 との お揃い の 未来 を

見つめて いたいから 、、、。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

中 島 ぎ ん 🔞
中 島 ぎ ん 🔞
え ぬ 島 くん & え む 門 くん
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る