第46話

気になること
237
2019/07/24 08:55
広瀬 唯奈
広瀬 唯奈
寒いですわ…
稲垣 鈴架
稲垣 鈴架
何をすればいいんですか?
ミラ
ミラ
説明をしましょう。私から鍵を奪ってください。奪うことが出来たなら次の階へ進めます。…まぁ、頭のいい方は既に次へ行っている可能性があります。次の階はサクラが守っていますので、頑張ってください。
ミラがそう言いながら、鍵を取り出す。
澤田 麻弥
澤田 麻弥
よっしゃ!じゃあ、鍵を奪ってやろうぜ!!
及川 澪月
及川 澪月
だね〜
前に出たのは、戦力が高い麻弥ちゃんと及川。
及川 澪月
及川 澪月
まーやさん?ここはどうする?
澤田 麻弥
澤田 麻弥
そうだなぁ…ぶん殴るまでだ!
そう言って、麻弥ちゃんは金属バットを。
及川は自前のナイフを取り出す。
稲垣 鈴架
稲垣 鈴架
ちょっ、麻弥!下がって!
鈴架ちゃんの声に反応した麻弥ちゃんが後ろに飛び退ける。
その瞬間、麻弥ちゃんがいたところに鋭い氷柱が刺さったのだ。
澤田 麻弥
澤田 麻弥
うわぁ…
ミラ
ミラ
外しましたね…私の能力は氷を操る能力。なので…私に対して効果抜群なのは"火"です。
千川 綾梨
千川 綾梨
火…
ミラ
ミラ
ヒントはこの部屋の中。
ミラが手を上げ、吹雪を吹かせる。
広瀬 唯奈
広瀬 唯奈
私…寒いの無理ですわ…!
身体を震わせながら、壁際に寄る唯奈さん。
すると…
広瀬 唯奈
広瀬 唯奈
!…これは…
稲垣 鈴架
稲垣 鈴架
唯奈さん、どうしました?
鈴架ちゃんが唯奈さんの方に行き、二人でゴソゴソ何かをやっている。
椎名 琉唯
椎名 琉唯
危ねぇ、これ無理ゲーだろ。
澤田 麻弥
澤田 麻弥
でも、突破口はあるんだろ!
稲垣 鈴架
稲垣 鈴架
麻弥!ここ叩いて!!
澤田 麻弥
澤田 麻弥
え、お、おう!!
鈴架ちゃんが示すところに向かって、バットをフルスイングで振った瞬間…
…床から炎柱が立ち氷が一瞬で溶けた。
ミラ
ミラ
わっ…見つかりましたか…
氷が溶けると部屋がかなり暑くなった。
瀬戸 冬稀
瀬戸 冬稀
あっちぃ…
澤田 麻弥
澤田 麻弥
けど、これで!!
及川 澪月
及川 澪月
相手の攻撃はあまり気にしなくて大丈夫だね〜
攻撃派、麻弥ちゃんと及川が動き出す。


暫くすると…
ミラ
ミラ
あっ…!
澤田 麻弥
澤田 麻弥
鍵、取ったぞ〜!!
神田 蘭
神田 蘭
まーやさん、凄いです!!
澤田 麻弥
澤田 麻弥
へへっ、早く次に!!
ミラ
ミラ
お教えしましょう、この次の階の人は私よりも強いですよ。
その言葉を言うと、同時に麻弥ちゃんが鍵を開け、私達は階段をかけ上る。
千川 綾梨
千川 綾梨
……。
私、よく考えろ。
このstage10は何故か一気に脱落する可能性がある。ナツキが言っていたのは確か…


「この塔の最上階まで来てください」


周りを見てやっと気がついた。


真琴と忍ちゃんがいない…


もしかしたら、塔を上る方法が他にあったのかも。
まぁ、今更遅いか…


長めの階段を上がると、次の扉がある。
稲垣 鈴架
稲垣 鈴架
…開けます。
鈴架ちゃんが扉を開けて、中へと入る。
私も部屋に入るが今回は寒くはなかった。
ある意味、少し暖かいくらい。


そして、いたのは…
サクラ
サクラ
あら〜、もう来たんですか〜?ミラさん、意外と負けるのが早いですね〜えっと〜…皆さん、ようこそ。私の"秘密の花園"へ。

プリ小説オーディオドラマ