第53話

代償
258
2019/08/01 14:44
千川 綾梨
千川 綾梨
そ、そんな体の一部を失うって…
忍
綾梨ちゃ〜ん、考えようよ?体の一部失うだけでどんな願いでも叶えることが出来るんだよ?やろうと思ったらその失った部分を再生させることだって可能なんだから。
千川 綾梨
千川 綾梨
まぁ、そうなるけど…
忍
なら、もう一択さ。
私の方を見ると、人差し指を立てて舌をチッチッと鳴らして笑った忍ちゃん。
千川 綾梨
千川 綾梨
一択?
忍
そう。一択。
及川 澪月
及川 澪月
必要ならナイフ貸そっか〜?
忍
大丈夫、持ってるもん。
千川 綾梨
千川 綾梨
…本気で叶える気?
忍
うん。私の"瞳"にさよならを。
その瞬間、忍ちゃんは指を右目に突っ込んだ。
どろりと右目から液が流れ出てくる。


その光景は見ているこっちまで目が痛くなる。
そして、悲鳴も何も上げることなく忍ちゃんの手には右の眼球があった。
椎名 琉唯
椎名 琉唯
グロいな。
稲垣 鈴架
稲垣 鈴架
グロいですね。
千川 綾梨
千川 綾梨
痛くないの…?
忍
そりゃ、痛いさー。ほら、廉。これでいいかな?
廉
流石、エグいことするね…姉さん。
忍
だって、みんなの命で遊ばせてもらったんだからこのくらいの代償は払わないと〜。
廉
片目を麻酔無しで取るとか十分。
どんどん話を進めていく忍ちゃんとレン。
すると、その間に割り込んだ冬稀が口を挟む。
瀬戸 冬稀
瀬戸 冬稀
ちょっと待て。スラスラと会話進んでるけどこいつのこと姉さんって言ったか?
廉
言ったね。ほんと凄いよね、実の弟に自分を殺すかもしれないプログラムを作らせるとかさ。それで内容も聞かずに参加してるし。
千川 綾梨
千川 綾梨
なら、Masterは忍ちゃん?
忍
せいか〜い!てか、この会社名を思い出してみて?どう考えても私に関係ありじゃん?
会社名?Chinon…"しのん"……。
及川 澪月
及川 澪月
忍ちゃんと廉君の名前を合わせたってことなの?
忍
そう!こう見えても私はこのChinonの社長だから!
椎名 琉唯
椎名 琉唯
親はいねぇのか?
廉
両方、強盗殺人で死んでる。
ナツキ
ナツキ
いやぁ、困りましたよね〜。遺産だけ残ってこれからどうやって生きていくとか何とか!
御木 真琴
御木 真琴
まぁ!そんなのいいじゃん!真の勝者は忍ちゃん!早く願いを聞かせて!凄い気になる!
忍
私はねー、"この国の王になる"のがお願いごとかな。どう?
廉
いいよ。
忍
やった〜!って、綾梨ちゃんどした?
黙っていた私を見て、忍ちゃんがクスリと笑う。
その時、私の中には怒りの感情しか無かった。
全ての元凶が王になる?
Chinonゲームがあって制御出来るわけ?
てか、そんな願いを叶えるとか人のゲームで遊ぶために沢山の人を…蘭さんを殺したってこと?


………そんなのあっていいはずないじゃない。
忍
ん〜…なんか不満そう?
千川 綾梨
千川 綾梨
当たり前でしょ。
忍
神田蘭さんが亡くなったことで?それとも…私が勝ったこと?
千川 綾梨
千川 綾梨
両方。
忍
でもさ、蘭さんに関してはほぼ澪月君と本人の問題だし、私が勝ったことだって綾梨ちゃんにもチャンスはあったはずだよね?
千川 綾梨
千川 綾梨
まぁ…
忍ちゃんは右目の眼球が無くなったことで瞼がピンと張っている。
頬を伝る体液はもう言葉にできない。
私もこれくらいやったら、願い叶えられたのかな…
でも、する勇気が無かったのは事実だし…
そんなことを忍ちゃんの右目を見ながら考えていると、通じたのか忍ちゃんは口元を手で押さえて大きな声で笑い始めたのだった…。

プリ小説オーディオドラマ