無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

359
2020/03/04

第8話

第六話
次の日になった。

結局あなたは帰ってこなかった_。
とりあえず、仕事に行かなきゃいけなかった。


今日は休む、って言っても、
休んだら休んだで気が重いし…。













とりあえず仕事は行くことにした。
優吾
優吾
仕事行ってる間に、帰ってくるといいな…。





































 









































__俺は会社に着いた。




優吾
優吾
あれ?いないの?今日休み?
会社の同僚
それがまだ分かんないんだ〜
電話してみても繋がんなくてさ😅笑
優吾
優吾
電車乗ってるんじゃないの?
会社の同僚
いやー、さすがにずっとは乗ってないだろ。
10分おきには掛けてるんだよ?
優吾
優吾
それめっちゃ迷惑じゃね?ww
あっそっか。
あなたに電話してみれば_。


いや、今はまだ、いっか。


帰ってくる、はずだから…。
優吾
優吾
俺も電話してみよっか?笑
会社の同僚
もしかしたら仲良い奴しか出てくんないのかもしんないから、してみてー笑笑
優吾
優吾
りょーかいっ
そう言って俺は、電話をした_。