無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

883
2020/02/02

第8話

はち





部屋のベルを鳴らした

















\ピンポーン/











テヒョン
はい
















目の前には…




















推しだっ!!













し、死ぬてっ………

















σ(´ω`)
あ、さっき…
テヒョン
あ、僕呼んだよねw
どうぞ、あがって















やはり、部屋は綺麗だった












そりゃ当たり前よねwホテルなんだから











σ(´ω`)
あのー、お話って?
テヒョン
あ、そのね…
テヒョン
さっきVラしてる時、僕のやつ見ててくれたから
σ(´ω`)
あーー
σ(´ω`)
私…実はテヒョンペンで…ww
テヒョン
えっ?



















あなたside









もうどうすればいいww














ここにいるのが辛いよww












しかも2人きりだよ?











コンサートよりも近いのよ?









もう、やばしやって…









σ(´ω`)
あ、明日…
テヒョン
あ、コンサートあるね
σ(´ω`)
ちゃんとうちわ持っていきます!
σ(´ω`)
だから…見つけてください!
テヒョン
もちろん!
テヒョン
僕のペンのarmyは見逃さないよ!














ちょっとこれには照れちゃいますねー
















σ(´ω`)
じゃあ、また
テヒョン
うんっ!
テヒョン
またあしたねーー













そして自分の部屋に戻った
















なんかテヒョン言いたそうだったな…












テヒョンside















僕…














あなたちゃんに言えなかった……












明日のこと……












会えるかな…













僕…あなたちゃんのこと…
























好きになったかもしれない…