第17話

16話
3,218
2019/01/16 08:05




🐭「なんだよ お前ら知り合いだったんなら先に言えよ笑笑」




🐥「いやいや、だって ゆんぎひょん、女性関係には厳しいでしょ?笑笑」




🐭「それとこれとは別だ。」



🐥「なんで?笑笑」




🐭「………………はぁ」






呆れたかのように ソファに座るとポケットから取り出したのは






『………たばこ』






🐭「あ?」








私の手は勝手に ゆんぎ君の 煙草へとうごく。







🐭「ちょ」







そこから ライターを取り出して奪ってみせると












🐭「おい」







なんて 手でとめられそうになったけれど私は








ライターを














こうした。






すると ゆんぎ君は諦めたように







🐭「分かったよ」







なんて言って ゆっくりと眠ってしまった。









🐥「…………初めてだよ」






『え?』






🐥「ゆんぎひょん、ずっと煙草毎日のように吸ってたらさぁ笑笑 僕も心配してたけど」






🐥「初めて吸おうとしてやめたの笑笑」






『そうなんだ………』








🐥「もう 今日は遅いだろうし僕が送っていくよ.」






なんて言って にこっと笑う じみん君。







『それじゃあ、お言葉に甘えて笑笑』









そう言って またあの家へと戻る。









父親は帰ってきていなかった。













あぁ、































このまま帰ってこなければいいのに ______ .








_________















🐭「………………暇だ」







俺は煙草を手探りで探す。






手に取って見た時 あいつの顔を思い出した。









🐭「………………………」









俺はそっと煙草を元の位置に吸いもせずに戻した。











next



プリ小説オーディオドラマ