無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#ジュン
私は今日彼とデートする
今日は丈5cmぐらいのミニスカ
彼はセクシーな格好が好きだから
私は彼に喜んで貰いたくて頑張って居る
You
ジュン~!
今日はどこ行くの?
ジュン
内緒
You
えー。(  ー̀ н ー́ )
ジュン
ねぇこれ付けてよ
渡されたのはアイマスクだった
You
ねぇこれで何するの?
ジュン
着いてからのお楽しみだよ
You
着いてから??
私は疑問に思いながらもアイマスクを付けた
そこから私は30分ぐらい歩かされ
着いたのは綺麗なアパート
ジュン
入って~
You
う。うん
ジュン
取っていいよ別に
You
分かった~
私の目の前には大きなベッドがあった
ジュン
ここでエッチな事しよ?
You
私やった事ない///
ジュン
大丈夫オレが知ってるから
You
う///分かった
私が返事すると彼は
いきなり私のシャツの中に手を入れてきた
You
あっ/////
ジュン
え?何?感じてるの?
You
いや別に///?
ジュン
へー。じゃあこれは?
彼はにやりと微笑みながら
私の中に指を入れてきた
ジュン
あれ?ここなんかぐちょぐちよしてるのになー?
You
んッあっ/////
ジュン
やっぱり感じてるんじゃん
You
う////うぅ
ジュン
もー可愛すぎ笑
彼は指を三本にして
中でばらばらに動かした
You
ダメっ///いっちゃうぅ!
ビクンっ
私は軽々といってしまった
ジュン
駄目じゃん
ジュン
俺のでいかないと
彼はそう言うと
まだ慣れていない自分の物を
私の中に入れてきた
You
あっ///痛いっ////
ジュン
締め付けないで/////
You
んっんん/////
ジュン
腰動かすよ?
You
うんッ//////
彼の腰は激しく動いていた
You
いやっ///いっちゃうよ
ジュン
俺もっ////一緒に////
You
ぅうんッ////
ビクンッ
2人は同時にいった
ジュン
ねぇ気持ちよかった?
You
え。あ///うん
ジュン
良かった😁
こんなエロい彼だけど
私はそんな彼が大好き
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NEXT>>ホシ
作者
投稿遅くなってごめんなさい
作者
上手く書けなかったので…
作者
明日からは普通に投稿しますのでこれからも応援よろしくです!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

凛璃🌾
凛璃🌾
連載中. 🌙愛され過ぎて困ってます👸🏻 頑張って書こうと思います🥺 応援してくれたら嬉しいです セブチサランヘヨ♥ 沢山の人に読んでもらいたいです😖 まだ書き始めたばかりなので 下手かもしれませんが頑張って 書くので応援のほど よろしくお願いします🙇🏻‍♀️ 今投稿不定期です🥺 🌙
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る