無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11 🌱






































































あの約束をしてからユンギオッパは家にいる時間が少なくなった、

































ユンギオッパがいないととても寂しい
































だから、私はユンギオッパにバレないようにいつもユンギオッパがいなくなったらユンギオッパの服をタンスから引きずり出して服に包まれている
































ユンギオッパの服の匂いはとても落ち着く、























ゆんぎ
ゆんぎ
ただいまー
!??!?















ユンギオッパの帰りがいつもより早い、



























こんなことしてるのバレたら怒られる、、




























next↳