無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

29 🌱




















昼休みにぐくおっぱに聞いてみることにした








2年生のの教室に行くといなかったから多分食堂だ、

















in 食堂







あ、ぐくおっぱだ!







周りには猫なで声の女の子がたくさんいる







猫の私でさえそんな声出さないのに((






ぐくおっぱはめっちゃモテるんだな、、








今日は話しかけれないみたい、








しょうがないからゆんぎおっぱに聞いてみよ







私は3年生の教室に向かった















(なまえ)
あなた
ゆんぎおっぱいますか?
なむじゅん
なむじゅん
君が噂の、、
(なまえ)
あなた
おっぱもしかしていません??
なむじゅん
なむじゅん
ゆんぎやならそこにいるよ
窓側の1番後ろの席でぐっすりと眠るゆんぎおっぱがいた
じん
じん
やー!ゆんぎやー!起きろー!
ゆんぎ
ゆんぎ
、、、、
なむじゅん
なむじゅん
ゆんぎやを起こすのは時間がかかりますよ?
なむじゅん
なむじゅん
何か伝えたいことがあるのなら伝えておきまs((
なむじゅん
なむじゅん
え?
私はズカズカと教室に入っていった
(なまえ)
あなた
 おっぱぁぁああ起きてええええ今、8:00だよ!遅刻するよ!置いてくよ!
ゆんぎ
ゆんぎ
ん、、、
なむじゅん
なむじゅん
嘘だろ((
ゆんぎ
ゆんぎ
おはよ、、あなた
ゆんぎ
ゆんぎ
ギュゥ
(なまえ)
あなた
おっぱおはよう!
なむじゅん
なむじゅん
!?!
じん
じん
!?!!??
(なまえ)
あなた
あ、いつもの事なんで大丈夫です^^*
(なまえ)
あなた
私のことはお構いなく^^*






((皆、ゆんぎが抱きついてることよりも1回で起きた驚きが大きすぎて皆口開けて( ゚д゚)ポカーンってなってます









next↳