無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

51 🌱














🐱side











あなたが男バスを覗きに来てくれた










おれが誘ったことに少しでも興味を持ってくれたことが嬉しい









俺はあなたに声をかけようと思った













でも、ぐがが先にあなたのところに行ったのを見て俺は出る隙もないなと思い部活集中した








せっかく、あなたのことが好きだとわかったのに行動に移せていない自分に情けなく思った







このままだと、ぐがやてひょなに先を越されてしまう







俺は部活中その事で頭がいっぱいでいつものようにシュートが決まらなかった






🐱side end







































部活見学が終わって、てひょんおっぱの部活(剣道)が気になって覗いてみることにした







やっぱりてひょんおっぱがいるからか、女の子がたくさんいた










The競合校って感じの道場に入ると練習試合をしている最中だった








? めーーーーーーん!!!!


バシッ






マスクで顔が見えなかったが、体格的に男の人だろう







一瞬で相手に1本をとってしまった








練習試合が終わって、ありがとうございましたと礼をお辞儀をしてマスクをとった







てひょん
てひょん
ふぅ、、、



汗ばんだ額に顔に滴る汗、









えろすぎんか?、












(なまえ)
あなた
ハッ、



変なことを考えていた頭をリセットしたくて頭を横にぶんぶん振っていた








そしたら、てひょんおっぱが話しかけてきた





てひょん
てひょん
あっ、あなたちゃーん!
(なまえ)
あなた
💭やべ、バレた😅





こそこそと出ていこうとしたら、厚い胸板の腕の中だった




てひょん
てひょん
来てくれたんだね!どこ行くの?
(なまえ)
あなた
いや、帰ろうと思って
てひょん
てひょん
部活終わるま待っててくれない?
(なまえ)
あなた
今日特に予定ないし、大丈夫ですよ^^*
てひょん
てひょん
💭可愛い、
(なまえ)
あなた
あの、そろそろ離してくれませんか?
てひょん
てひょん
何を?
(なまえ)
あなた
腕を
女子の視線がめっちゃ痛いです、、、
てひょん
てひょん
ああ、そうか
てひょん
てひょん
ごめんね、
(なまえ)
あなた
大丈夫ですよ!
てひょん
てひょん
じゃあ、部活もどるね!
(なまえ)
あなた
了解です、ちゃんと待ってます!



部活にもどった瞬間、さっきのほほんとした雰囲気とは裏腹にキリッとした目つきで真剣に部活をしていた






(なまえ)
あなた
💭ギャップが、、、えぐい
(なまえ)
あなた
💭この姿に落ちる女子はたくさんいるんだろうなぁ
(なまえ)
あなた
💭まあ、確かにてひょんおっぱはかっこいいし
(なまえ)
あなた
💭まあ、ゆんぎおっぱには負けるけどね(  ¯﹀¯  )






部活を見ながら、色んなことを考えているあなたちゃんでした







next↳





どうも!あすみんです!

活動報告のところにも書いてあるんですけど、
今日からテスト期間でして、更新頻度が落ちます。この間にも読んで下さってる人まじでサランヘ〜!!
2つの小説を2日に1話更新で交互にいきたいと思ってます!


♡・☆マジで感謝です!
フォロワーニム、サランヘヨ!😍


では、あすみんでした!

あんにょん!