無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

31 🌱






















in 屋上








私はおっぱに聞いてみることにした








ゆんぎ
ゆんぎ
屋上なんかに呼び出してどーしたんだ?
(なまえ)
あなた
あのさおっぱ……
(なまえ)
あなた
家督って何?
(なまえ)
あなた
スマホって何なの?
ゆんぎ
ゆんぎ
え??
ゆんぎ
ゆんぎ
そうか__教えてなかったか、


おっぱは自分の頭をくしゃくしゃにして言った


ゆんぎ
ゆんぎ
ごめんな、あなた
ゆんぎ
ゆんぎ
きっと同級生から家督交換しよとか言われたんだろ?
(なまえ)
あなた
うん、
ゆんぎ
ゆんぎ
スマホって言うのはゲームをしたり写真を撮ったり友達と連絡をしたり情報を調べたりする時に使うものだ
(なまえ)
あなた
へぇ〜〜
ゆんぎ
ゆんぎ
家督って言うのはそのスマホの中に入っているアプリでこのアプリで離れていても連絡ができるんだ
(なまえ)
あなた
へぇ〜、よく分かんないけど凄いものっていうのはわかった!
ゆんぎ
ゆんぎ
今日の夜買いにいくか、
(なまえ)
あなた
え、ほんと!?
ゆんぎ
ゆんぎ
あぁ、
(なまえ)
あなた
やったぁああ!!
ゆんぎ
ゆんぎ
((可愛いな、^^*
ゆんぎ
ゆんぎ
で、話はこれだけ?
(なまえ)
あなた
あ、これだけなんだけどさ
(なまえ)
あなた
気が変わった!
(なまえ)
あなた
おっぱ!一緒にご飯食べよ!
ゆんぎ
ゆんぎ
え、俺弁当教室に置いてきた
(なまえ)
あなた
大丈夫!私のお弁当があるじゃないの!
ゆんぎ
ゆんぎ
、、そーだな
(なまえ)
あなた
じゃあ、食べよ!
(なまえ)
あなた
いただきます!
ゆんぎ
ゆんぎ
いただきます、
?
┃•́ )じーー、、、、






仲良く弁当を食べている2人を屋上のドアから除く1人の生徒がいた___________








next↳