無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

34 🌱















🐯main







やっぱり、僕には無理みたいだ









あなたちゃんを見た時これが一目惚れというものなのかと体感した








あなたちゃんはひょんのことが好き






ひょんはあなたちゃんのことが好き







相思相愛か、羨ましいな、、、、










何故2人とも告白をしないのだろうか?










今までの関係が崩れるのが嫌なのだろうか?









僕だったらすぐに告白する









今すぐにでも告白したいぐらいだ、











告白しても振られることは目に見えている








それでも、あなたちゃんに僕の思いを伝えたい











そんなこと考えているうちに授業の始まりのチャイムがなった





















てひょん
てひょん
やっぱり、サボるか







僕は授業をサボるために保健室に向かった、











next↳