第51話

最終テスト
113
2021/12/31 09:12
キン! カン!
刃と刃がぶつかり合う音がフィールドに響く。
キン!
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
ぐっ…
来夜はボスの一振りをガードする。

しかし、力と体格差により、来夜のガードは跳ね返され、後ろに下がる。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
っ…はあ…。
ボス
ボス
受け身の体制がなっていない。体格差のある相手の立ち回り方は教えたはずだ。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
あなたはその対処法を知っているのでしょう。
ボス
ボス
そうだな。
ガキン!
その後、何度か緊迫したぶつかり合いが続いた。

しかし、来夜の方がおされている。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
はぁ…はぁ…っ…
長期戦となると1番心配になるのは体力だ。
来夜は体力は決してないわけではない。
ただ、相手が悪すぎる。身長、体格、腕力、全て相手の方が上だ。
ボス
ボス
呼吸が乱れているぞ。
ボスは来夜に刀を振りかざす。

来夜はまたそれをガードする。
ガッ!
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
あっ!
来夜はガードの体制をくずした。
そこにボスの刃が来夜の太腿を斬り裂いた。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
いっ!
思わず膝をついた来夜に、またまた一振り薙ぎ払いが襲いかかる。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
そう簡単に…
来夜は胴を後ろにそらし、刀を横にふる。
来夜の刀はボスの両足を深く斬り、ボスの刀は来夜の胸を浅く斬った。
ボス
ボス
っ…
ボスは一瞬怯む。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
はっ!
来夜はもう片足に力を注ぎ、軽く飛び上がり、刀を振る。
ボス
ボス
甘いな。
ボスは来夜の刀をガードしてはらう。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
うぁ…ぐぅ…
来夜はその場に転がる。
ボス
ボス
……。
ゆっくりと立ち上がる来夜を、ボスは静かに眺めている。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
…なら…。
来夜は刀を持ち、ボスに向かって走る。
そしてまた刀でやりあう。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
(両足の耐久は下がっているはず…。)
来夜はボスの足を蹴りつける。
ボス
ボス
ぐっ
ボスの刀の握る力が一瞬弱まる。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
(今だ…!)
来夜はボスの刀を弾く。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
これで…!
来夜は刀に全ての力を乗せ、ボスの首を斬り落とした。
切り口から噴射する赤い血が近くの芝生に飛び散り、ボスの体は崩れ落ちた。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
…貴方は僕を守り育ててくれた恩師です。…この御恩は忘れません。
来夜はそっとボスの体の前で左胸に手を当てる。
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
…早くオハバリと合流しよう。
来夜は通路に走った。その時だ。
ピピピピ…
陽(オハバリ)
陽(オハバリ)
〈トコヨ、聞こえる?〉
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
〈オハバリか、どうした?〉
陽(オハバリ)
陽(オハバリ)
〈…その様子だと、終わったみたいだね。〉
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
〈ああ、今から合流に向かう。〉
陽(オハバリ)
陽(オハバリ)
〈…トコヨ、そのままコンビナートの船に戻って。〉
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
〈…何を言ってるんだ。核は…どうするつもりなんだ。〉
陽(オハバリ)
陽(オハバリ)
〈…戻りながら話すから。〉

プリ小説オーディオドラマ