無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

プライベート
西畑side
今日はやけに距離が近い。そんな風に思ってた。
『なんかあったん?』
結城「どうして?」
『いや、いつもそんなにベタベタしないから。』
結城「迷惑?」
『そんなことないで?笑笑』
結城「今日は甘えたい日なんや。だから、そばにおって?」
『逃げたりせんわ笑笑ほな、どこいく?』
もし俺とシロが一般人で付き合ってたら道端でキスしたり、抱きしめあったりできるやろな。って。
結城「大ちゃんのそばにおりたい…」
『…!?』
結城「ふふっ!冗談やって!ほな、行こ?」
『そうだよな!』
こんな冗談って決まってるのに、ドキドキしたのは俺だけなのか?