無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

好き
結城side
大ちゃんのそばにいたいーーー
私何言ってんだよ!
ただでさえ、アイドルの鑑の大吾が私なんかと…大切な時期に女の子と付き合うわけあらへんよな。
ていうか、好きじゃないし!
『なぁ、大吾ー』
西畑「なに?」
『大吾は好きな人おるの?』
西畑「アイドルは好きな人を作らないやで?」
本当にアイドルの鑑すぎる。
西畑「シロ…?」
『だよね…アイドルは好きな人、作らんもんな。』
笑ったつもりだよ?
泣いてる顔、見られたくないから。
西畑「なんで泣いとるん?」
『泣いてないっ!』
ファンの子よりもそばにいるのに。
ファンの子よりも大好きなはずなのに。
ファンの子よりも…
大吾のこと…分かってるのに。
西畑「…」
『…』
好きやなに。