無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

タイプ
藤原side
結城「ふーじーわーらー!」
結城がさっきから俺の背中を叩いてきます。
『なんやねん!』
結城「つまんないー!」
『知らんわ笑笑』
道枝「それなら、僕と遊びましょうよ。ちなみに朝帰りですーーー」
結城「みっちーはいいねん。」
道枝「なんでですかっ!僕、結構傷ついてるんですけど!」
結城「なんでー?」
道枝「だって。目黒君のこと…タイプとかって。」
結城「だって、タイプやもん。でも、結婚相手の理想と好きな人なタイプは違うやろ?めめは
好きな人の理想やもん笑笑」
道枝「じゃあ、俺にもまだチャンスは…?」
結城「まぁ?あるんやないの?」
道枝「丈くん、俺、頑張りますやっ!」
『ああ、頑張れー』
こいつらなんやねん笑笑