無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第75話

巡り合う
不動産屋「そう、言われましても…」
結城side
『ですよね…』
絶賛、家探しで迷い中。
なぜかと言うと…
不動産屋「ご近所さんと仲良くするのは…やはりご自宅を買う前からだと…」
そう、私はご近所さんと仲良しになれる家を不動産屋さんに尋ねていたのだ。
不動産屋「本当にすみません。」
『気にせんといてください。ほな、またきます。』
私はそういうと不動産屋を出た。
『どうしよう…あっ。』
松村「あっ。」
you
you
何の用?
hokuto
hokuto
街で巡り合っただけだろ笑笑
you
you
未練でもありましたかー?
hokuto
hokuto
ない
you
you
あっそー
hokuto
hokuto
いや、直接言えばいいじゃん
you
you
写真撮られたら困るもん
hokuto
hokuto
そうだなー
you
you
北斗の家行きたい。
hokuto
hokuto
えっ?
you
you
私、不動産屋行っててん。家がなかなか決まらなくてな?デビューするまででいいから部屋に居候させて貰いたいねん。
hokuto
hokuto
お前、元カレの家に泊まる気かよ笑
you
you
何が悪いん?
hokuto
hokuto
いや、お前がいいならいいけどさ?
you
you
おけ
hokuto
hokuto
じゃあー
hokuto
hokuto
俺の家のコンビニ近くに集合なー
you
you
ラジャー