無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

密着1日目
結城「どーもー笑笑」
ナレーター「笑いながら現れたあなたさん。とにかく、変人の雰囲気が半端ないです。」
スタッフ「今日はどこに?」
結城「今日は久しぶりのお休みなので、久しぶりに関西ジャニーズJr.の時代に同じだった仲間と遊びに行きますね。」
ナレーター「そうスタッフの雑談していると、来たのは…」
平野「えっ?密着?笑」
ナレーター「King & Princeの平野紫耀さん。」
結城「そうそう。日本テレビの深イイ話ですっ!」
平野「俺、まだされたことない。」
結城「紫耀にはまだ早いんよ。笑笑」
ナレーター「2人はかなりの仲良しさんのようです。2人が向かったのは…」
スタッフ「どこに?」
結城「あのー、私と紫耀が仲のいい、芸人さんのお宅に。」
平野「結構有名っすよ笑笑」
ナレーター「結局、2人が向かったのは…」
ワタリ119「うわっ!?」
ナレーター「元々レスキュー隊で働いていた芸人さんワタリ119さんです。」
結城「ごめんなさい笑笑密着ついてて笑笑」
ワタリ「いやいや!どうぞ、上がってください。」
ナレーター「この美男美女とワタリ119さんはどんなつながりがあるのでしょうか?」