無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

結城side
『ほっくん〜!大好きやで〜笑笑』
北斗「おいおい笑笑飲み過ぎだろ?笑笑」
『飲みすぎちゃうねん!好きやねーん笑笑』
北斗「////」
『熱でもあるん?』
北斗「お前のせいだわ。」
『私のせい?ほっくん、あんまり変なこと言わんといて?店員さーん!オレンジジュース!』
ヤバイ。
頭、回らない。
北斗「大丈夫?」
北斗とは反対側に倒れ込もうとすると北斗の肩に北斗が私をいさせる。
『ほっくん…?』
北斗「危なっかしい…」
『なーに言うとんの!』
北斗「…」
『ほっくん…?』
北斗「好きな人…いるの?」
『いるで?』
北斗「!?」
『堂本光一くんやで〜えっへへへ!』
北斗「////」
『なんで照れとるん?ねぇ、なんでー?』