無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

ごめん
松村「マジでごめん笑笑」
結城side
『笑い事じゃない!せっかく、仲良くなったかな?って思うてたらファンのみんなが妄想するんやもん。』
目黒「でも、実際、恋人ぐらい仲良いのは事実でしょ?」
『私は光一君が好きやもん。まぁ、年上ってことだったらほっくんも恋愛対象には入るけど。』
松村「じゃあ、付き合ってみるか?」
目黒「笑笑」
『も、もう!何言うとんの!事務所に2人で呼ばれて交際には発展しないように言われたやん。』
松村「秘密で付き合えば?」
『バレるわ!』
目黒「…あっ、あなた。」
『何?』
目黒「じゃあ、俺と付き合ってみる?」
『…』
目黒&松村「?」
『付き合わへんわ!私だってデビューしたいし!あんたらはデビューしてはるからいいかもしれんけど!』
目黒「じゃあ、あなたがデビューするまで待ってるから。」
松村「俺もー」
なんじゃこれ。