無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

横山「じゃあ、櫻井さん!見て見たい人いますか?」
櫻井「んー。じゃあ、結城ちゃん?」
結城「はい!」
横山「結城はですね、ジャニーズの紅一点!
演技力抜群の今を生きる異名・生きる宝石の
女です!」
スタジオ一同「笑笑」
櫻井「えっ?ジャニーズ、どんな風に入ったの?」
結城「スカウトです。ジャニーさんから。」
有吉「櫻井くんは?笑笑」
櫻井「自分からー笑笑」
横山「しかもですね、この子やばいんですよ。
櫻井くんも多分会ってると思うんですけど…」
結城「嵐さんの10周年のアニバーサリーツアーの最終公演の日にスカウトされて一曲だけ当日に振り付け覚えて踊ってました。」
櫻井「えーーーー!マジで…?」
結城「はい笑笑」
横山「ね?ヤバイでしょ?」
櫻井「やばいな…」