無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第63話

NEWS
SixTONES松村北斗となにわ男子結城あなた
破局か?清々しく東京駅から立ち去る結城激写!
「髪色も茶色にして今までと同じようなポップな色の服を着ていますね。きっと、きっかけとなった出来事があったのでしょう。」〈芸能関係者〉
約2日前、結城あなたは仕事の都合で東京まで来ていた。収録が巻で終わると向かったのは、「匂わせ写真」を同時に更新したSixTONES松村北斗と自宅だった。
「2人は付き合っていると言っていましたよ。それも北斗からの猛烈なアプローチって。なので、北斗は本当にあなたさんのことを大切にしていました。同級生と飲むことが多かったのに最近ではジャニーズの既婚者組の先輩と飲む約束があるとか。って断るようになりました。」〈松村の友人〉
そんな、結城はエントランスで携帯をいじりながら待っていると驚きの表情した。
そして、涙を浮かべながら松村宅を後にしたのだ。
「結城さんだ!と思ったら、意外とキッパリとしたクールな表情で駅に向かっていかれましたよ?」〈結城と遭遇した女性〉
それから、ブログを更新し…
〈いつか、幸せになったね。って言ってもらえるような女になりたい。だから、みんな待っててね?〉
このみんなは、“松村北斗”を指していたのかもしれない。