無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

会いたかった
向井side
結城「康二君。あいたかったで?」
『何回も聞いたわ笑』
今、大吾とあなたと目黒と俺で飲みに来ています。
勿論のこと、俺とあなたが隣。
大吾とめめが隣で…
目黒「こーじ!そろそろ、離れろよ笑笑」
『俺に言われても困るわ!ほな、あなた?』
結城「康二君のここが落ち着くねん。最近、嫌なことばっかりあったから少しは甘えたい気分やもん。」
と言って、あなたは俺の腕に抱きついている。
『おいおい笑笑』
結城「…好きやねんな。」
『大吾のことが?笑笑』
西畑「いや!笑い事じゃない!」
『まぁまぁ笑笑』
結城「みんなのことが好きやねんなぁ〜」
少し飲みすぎだのかな?
甘々になっている。
普段、姉貴肌と言われているから、甘々はなかなか見られない。