無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

岸side
結城「優太〜!優太〜!」
『俺はいつから呼び捨てにされてんだか笑』
結城「んーふふふふっ!」
お酒を少し飲んだだけで酔っ払っている。
少しだけ可愛い。
結城「愛してるゲームしよー?」
『もう夜遅いよ?笑笑』
結城「優太ぁ…愛してる。」
『!?』
不意すぎる愛してるな一瞬びびった。
こんなに色気あったっけ?
結城「愛してるっ!」
…やば〜
『…////』
結城「めっちゃ照れてるやーん!ほんなら、優太はあたいに勝てんな!笑笑」
『…////』
光一くん。
俺、ダメっすわ。