無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

ほっくん
結城side
どーも!どーも!結城です!
今日は久しぶりいただいた休みなので、東京のほうに来ておりまーす!
??「あなたー」
あっ、来ました!
『ほーくとくーん!』
北斗「お前、声でけぇよ笑笑」
SixTONESの松村北斗君です!
『女の子にそんなこと言わんといてください。』
北斗「えっ?女子だったの?」
『女子で結構有名です!』
北斗「はいはい笑笑」
『どこ行くん?』
北斗「どこ行く?」
『ほっくんが決めてや。せっかく、大阪から来てやったん言うのに。そう言うところ、モテないで?』
北斗「俺にはファンがいるから笑笑」
『ムカつくー笑笑』