無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

大橋side
最近、なにわ男子の男子メンバーとシロの距離が少し遠い気がする。
ていうよりかはシロが大人になりすぎている気がした。
道枝「シロりん、最近モノクロの洋服しか着てないですねー」
結城「えっ?嫌だ?」
道枝「前のポップな衣装も似合ってましたよ?」
結城「まぁまぁ笑笑」
長尾「僕もそれ思った!ていうか、シロりんはなんでも似合うから笑笑」
高橋「丈くん、鏡どこっすかー?」
藤原「知らねーわ!」
いや、これが普通なのか。
でも、違和感を覚えたのは事実だった。