無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第87話

心配
結城side
hokuto
hokuto
大丈夫かー?
一連の騒動もあり、今日は安心して休むようにとマネージャーさんから言われて家に帰ると置き忘れていたスマホから北斗からのLINEが入っていた。
you
you
ウチの方はなんとか。高校生組のメンタルはヤバそうだけど。
hokuto
hokuto
そっか。
hokuto
hokuto
俺にできることあったら言ってな?
you
you
ありがとう。
you
you
元カレって役に立つんやな笑笑
hokuto
hokuto
俺はまだあなたが彼女のつもりだけど。
you
you
何言っとんの。勝手に振っておいて。ほな、おやすみー
hokuto
hokuto
おやすみー
岸「ビール、飲む?」
『んー。飲む。』
岸「大丈夫?高校組の子たち。」
『北斗にも聞かれた。私には到底理解できないや。』
岸「心配だね。」
『うん。でも、私が助けてあげないと。』
岸「たまには…頼ってもいいんだよ?」
『それが助けです。優太、ありがとう。』
岸「うん。」