無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第70話

告白
結城side
『疲れたーー!』
西畑「お疲れ様笑笑」
深イイ話の密着も終わり!
今、西畑大吾と一緒に飲み屋に来ております。
『大吾も出ればよかったのに。』
西畑「俺はそこまで図々しくないし。誰かさんみたいに笑笑」
『えっ!?私、図々しい?』
西畑「まぁな笑笑」
『…』
西畑「あなた…?」
『大吾はさ…私と北斗が付き合ってて…どう思ったん?』
西畑「あっ…えっとな…お似合いかと思ったで?」
『…』
西畑「でも、やっぱり、あなたの隣は俺やわ。」
『!』
西畑「なにわ男子がデビューできたら付き合おう。」
『…』
西畑「約束する。ていうか、幸せにさせる気しかない。どうや?」
『約束…本当に…?』
西畑「うん。」
『じゃあ、デビューできたらな////』