無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第58話

結城side
大吾とSnowManとの収録。
本当に緊張する。
て言うか、気まずい。
『大吾…?』
西畑「!?」
『うちら…喧嘩した?』
西畑「いや…してないと思う…」
『ウチのこと、避けてる?』
西畑「避けてないけど…なんか、遠くに行っちゃいそうな気がして。」
『そっか。じゃあ、今まで通り仲良おうしようや?それならーー』
西畑「お前…どれだけ、わがままお嬢やねん。」
『んっ!?』
大吾が…
私の事を抱きしめている。
『だい…ご?』
西畑「…ごめんっ!俺、お前のこーーー」
ラウール「あなたちゃん!!」
『ラウール!どうしたの?』
ラウール「迎えに来たんだよ!あっ、大吾君。
大吾君も迎えに来ましたっ!」
西畑「ん。ありがとな笑笑」
どうしてそんな平気そうな顔でいれるの?
私はそう思いながら、ラウールの後をついて行った。