無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

和也とプリン
大橋side
『あー!プリンやー!』
高橋「本当だ、誰だろう?」
『食べて良いかな?』
西畑「後輩からやろ?笑笑」
『取られてまうやん!』
藤原「おー!プリンやん。貰うで?」
いやいや!今、大吾が言ってたんじゃん!
『丈君、ズルイ〜!』
すると、お風呂から上がってきたシロが来た。
相変わらず、可愛いなぁ…
結城「丈君、なにしとん?」
藤原「差し入れでプリンあったから食べとったん。」
すると、シロが大声を上げた。
結城「なにいうとんの!それ、私のやん!」
一同驚愕。
結城「バーカ!もうー!」
西畑「ごめんな?全然、分からんくて…」
結城「もー、大吾まで酷い!」
そのプリン屋さん、めっちゃ美味しって有名なやつだったのになぁ…
結城「かーずやっ?」
『んー?』
結城「和也と一緒に食べるために買ってきてんねんな。ほな、一緒に食べよ?」
『…』
結城「和也?」
『優しいな笑笑』
結城「ふふっ!でしょー?」
そんな、シロが俺は好きやねん。