無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

チカズキタイ
結城side
『チカズキタイ』
西畑「おい!それは俺のセリフや!」
『何よ!私だって歌いたい!』
絶賛、嵐さんの曲の台詞で話し合い中笑笑
『私の方が大好きだもーん笑笑』
西畑「いやいや!俺の方がーーーー」
『ダメ…?』
西畑「いや////ダメっていうか…」
『ふふっ!じゃあ、いいってことで!』
西畑「でもな?シローー」
『分かってる!チカズキタイは大吾のものやもん笑笑でも、そのかわり次のチカズキタイは私のものやで?笑笑』
西畑「////」
『顔、赤いやん?どうした?おーい、おーい!大吾?』
藤原「あんまり拘らない方が今後の芸能人生のためやで?笑笑」
『なんでー?』
高橋「えっ?まだ気づかないの?」
『??』
大西「あの大ちゃんは絶対にシロりんのこと好きって事〜!」