無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

写真撮影と焼肉
結城side
スタッフ「めっちゃ良いね!はい、次は少しセクシーに!」
私はソロで写真を撮ってもらってる。
誕生日に発売するってことで記念と言ってもらえたから!
スタッフ「はい!最高!次、道枝君と高橋君!」
西畑「相変わらず、褒められまくりやな笑笑」
『あんなのお世辞やねん笑』
西畑「でも、すごいと思うけどなぁ?」
『語尾がおかしい笑笑ほな、大吾の奢りで焼肉なー』
西畑「なんでやねん!笑笑」
長尾「なんのことですかー?」
藤原「俺らも連れって!笑笑」
『じゃあ、丈の奢りってことで笑笑』
なにわ男子ー藤原「賛成!」
藤原「なんでやねん!」