無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

オフ
結城side
一通り、仕事も終えて明後日からは北海道での雑誌のロケが入っている。
明日は1日オフだから、大吾と過ごす予定。
長尾「…」
『けんてぃ?』
長尾「はいっ!?」
『大丈夫?顔色悪いけど…』
長尾「大丈夫ですっ!ほら、元気ですよっ?」
『無理してへん?』
長尾「…ばれました?」
『誰でも気づくわ。そんなに体調悪そうだったら。』
長尾「すいません。僕、迷惑かけたくなくて。」
『確かに迷惑やな。』
長尾「!?」
『それが、私とけんてぃの結婚先だったら大変な迷惑やけど。収録だけやで?そんなんで迷惑になったらせーへんよ?』
長尾「…」
『無理するときやないって。大丈夫。私たちがいるで?前見ても後ろ見ても、誰か誰か1人はいるやから。けんてぃ、辛かったな。』
長尾「すみませんっ!僕、シロりんに迷惑しかかけてないっーー!」
『私、けんてぃの涙に弱いねん。だから、笑ってな?少し、休みんさい。私のベッド使うとええよ?私、和也のところ行ってくるから。ちゃんと休んどき?』
長尾「ありがとう…」