無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第102話

結城side
道枝たちが活動休止してから半年。
ついに、なにわ男子再集合。
そして…
司会「それではなにわ男子のメンバーの方から大事な発表がありますので。よろしくお願いします。」
大橋「はい。今日は各報道陣の皆様、集まっていただきありがとうございます。僕たちなにわ男子はですね、来週の1月20日を待ちまして、ジャニーズJr.という枠組みから卒業し、デビューすることが決まりました。」
カメラマンさんたちのカメラのフラッシュが激しくなる。
藤原「ファンクラブの発足は明日から。ファーストコンサートはまだ未定となっております。」
西畑「ここまでやって来られたのも厳しくも暖かい目で応援して頂いたファンの方々や関係者の方々の皆様のおかげです。」
『これまでもこれからも、なにわ男子としての誇りを胸に活動していきたいと思います。』
藤原「なお、デビュー曲に関しましては、結城あなたの方から話がありますので。お願いしていいかな?」
『了解です。』
取材陣の皆さんがこちらを向く。
『デビュー曲は「change」というデビューに向けた挑戦的なムードのある曲となっています。
なにわ男子のデビュー曲として、なにわ男子らしく歌い上げようと思います。この会見の終了した2時間後にJr.チャンネルの方でミュージックビデオを解禁する予定になっております。』