無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

結城side
最悪…
終電逃してしまったー!
明日は都合よく休みだけど…
『お金、持ってきてないんです…』
光一「岸君の家に泊めて貰えば?笑笑」
岸「えっ!?」
『嫌です。絶対、襲われますもん。』
岸「襲わねーよ!」
光一「俺は少し用事があるから構ってあげれないし…あっ、でも、岸なら明日休みとか言ってたよな?」
岸「…」
『んじゃ、ありがたく泊めていただきまーす!
ほら、きーし!行くよ!あっ!光一くん、愛してます!』
岸「いや、俺の方が好きでーす!」
光一「…」