無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第111話

最終回
西畑side
『あなた。』
結城「んー?」
俺は後ろからあなたのことを抱きしめる。
すると、あなたも照れ臭そうにこちらを向いて正式なハグ?をしている形になる。
『結婚したいなぁ笑笑』
結城「なに言ってんの笑笑」
『ほんまに思ってるで?』
結城「はいはい笑笑ほら、ご飯できたで?」
『…』
俺がお前を幸せにしたるからな。
Fin