無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

冨岡義勇
今日は冨岡さんと任務だったんだけど、急に任務はなしになっちゃって暇だから冨岡さんと川に来た
冨岡 義勇
冨岡 義勇
…………
あなた

(これって何か話し切り出さないとダメなやつだよね!?)

冨岡 義勇
冨岡 義勇
あ…
あなた

あの!

あなた

!?(º ロ º๑)!!!

あなた

すみませんどうぞ!

冨岡 義勇
冨岡 義勇
いや、言ってくれ
あなた

あはい!

あなた

冨岡さんって何が好きなんですか?

冨岡 義勇
冨岡 義勇
食べ物か?そうだったら鮭大根だ
あなた

鮭大根なんですね!せっかく今、川に来ているので鮭でも釣りますか?

冨岡 義勇
冨岡 義勇
…!?鮭を釣る?
あなた

はい!ちょうど釣れる道具持ってきてるんで!

冨岡 義勇
冨岡 義勇
そうか…では釣ろう
2人は大きな岩の上に座って
ちゃぽんと餌を放り投げました
あなた

釣れるかなー?

あなた

(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°るんるん

冨岡 義勇
冨岡 義勇
(んっカワii)
あなた

あ!冨岡さん!来てますよ!

冨岡 義勇
冨岡 義勇
おっ…グルグル
てってれー!中間サイズの鮭とれました
あなた

わぁ!すごいじゃないですか!

冨岡 義勇
冨岡 義勇
……//プイッ
冨岡さん、あなたに褒められて照れ隠しのためそっぽを向きました
あなた

あ!私のも来た!

あなた

んんんん重たい…!!

冨岡 義勇
冨岡 義勇
(大丈夫か?手伝った方がいいのか…)
あなた

んんんんんん

冨岡 義勇
冨岡 義勇
あなた
あなた

な"んですか"?

あなた

わ!!

あなたが重そうにしている所を助けようか迷った結果、お助けになりました
冨岡さんは男なのでグイッとですね(゜ロ゜)
あなたの手の上から冨岡さんの手が覆いかぶさり2人の距離は近すぎる…!
そして、あなたは驚きで(。・・。)ぼぉ~としていると
冨岡 義勇
冨岡 義勇
あなた
冨岡 義勇
冨岡 義勇
おい
あなた

は、はい!

冨岡 義勇
冨岡 義勇
釣れたぞ
あなた

すっごく大きい!

そこに釣れたのはかなり大きな鮭
あなただけの力では釣れないほどの
あなた

冨岡さんありがとう(●︎´▽︎`●︎)

冨岡 義勇
冨岡 義勇
あぁ
あなた

でも、冨岡さんの大好きな鮭大根の鮭だからね!

あなた

私が作ってあげます!鮭大根

冨岡 義勇
冨岡 義勇
ほんとか…!
あなた

はい、もちろんです!

その後屋敷に帰りあなたは冨岡さんと2人で鮭大根を美味しく食べました
冨岡 義勇
冨岡 義勇
(あなたのつくった鮭大根は初めて食べるほど美味しかった)
冨岡 義勇
冨岡 義勇
ありがとう
あなた

いいんですよ!

バサッ
あなた

!?

こうしてあなたは冨岡さんの腕の中にいましたとさ
NEXT